災害時を想定した⽯油の備蓄と配送を専⾨で⾏う。日本BCP株式会社が目指すものは「総合防災減災企業」です。

よくあるご質問

BCP対策とはなんでしょうか?

Business Continuity Plan(事業継続計画)災害などの緊急事態下で企業の存続のために必要な重要業務を継続するための対策です。BCP対策を行っておくことで、事業の中断・停止、顧客の流失、信用の低下、経営の悪化・廃業と言った資産の喪失を未然に防ぐ事ができます。

負荷試験の際、施設を停電させなければならない?

基本的には、停電させる必要はございません。非常用発電機と、負荷試験機のみで完結できます。

負荷試験の作業時間はどのくらい?

基本的に2時間程度、ケーブル施設や点検作業の都合上、長ければ3〜4時間程度いただきます。発電機を実際に運転させるのは大よそ1時間程度です。

どんな機材を搬入する?

作業の主となるのは負荷試験機という機材です。

低圧と高圧の発電機によって、負荷試験機の仕様が、かわります。低圧では、小型の負荷試験機を発電機の容量により、一台から数台使って点検します。高圧では、負荷試験機が車両に搭載された、機材を使って点検します

機材はスペースがあれば置ける?

低圧の場合は、小型で、持ち運びが容易で、スペースを取りません。高圧の場合は、車両積載負荷試験機を使いますので、駐車場が必要です。発電機からケーブルを敷設する必要があります。

日曜や祝日、深夜対応は可能?

日曜日、祝日、深夜の作業は、可能ですが、通常料金に、割増料金が発生いたします。

非常用発電機の点検方法の改正とは?

平成30年6月1日に消防法の改正がありました。別途資料を用意してございますので、お問い合わせください。

Copyright © 日本BCP株式会社 All Rights Reserved.