災害時を想定した⽯油の備蓄と配送を専⾨で⾏う。日本BCP株式会社が目指すものは「総合防災減災企業」です。

設立の目的(沿革と目的)

  • HOME »
  • 設立の目的(沿革と目的)

日本BCP株式会社が目指すものは、「総合防災・減災企業」です。

ダミー画像

シューワ株式会社は、2011年3月11日「東日本大震災」発生後、内閣府からの緊急要請により、当時灯油巡回販売中の数台のタンクローリーの営業を中断し、岩手県に向かい、約3か月の間、被災地復興の活動した経験から、石油事業部より災害時を想定した石油の備蓄と配送を専門で行う「BCP事業部」の発足に至りました。

現在、災害時の取り組みにご関心を持っていただける大手企業や行政、大学、病院なども増え、多数の契約を締結させていただき、ご要望はさらに多様化の一途をたどっております。

お客様からのご要望をいただいた内容の実現、更なるサービスの向上などを経て、総合的な防災減災企業として「日本BCP株式会社」は平成29年9月1日「防災の日」に因んで設立いたしました。

シューワ株式会社の100%子会社として発足いたしますが、タンクローリー車や備蓄タンクの資産につきましても1~2年を目処に直接所有する計画とともに、営業業務も新会社に移行し、シューワグループの新たな法人としてスタートいたしました。

平成30年4月1日より、お客様の要望に十分にお応えできるよう、新たなる体制で一段のBCP事業の飛躍を期しております。事業継続計画の総合防災企業として、オンリーワンのリーディングカンパニーとなることを目指しています。

Copyright © 日本BCP株式会社 All Rights Reserved.