災害時を想定した⽯油の備蓄と配送を専⾨で⾏う。日本BCP株式会社が目指すものは「総合防災減災企業」です。

備蓄タンクの燃料リフレッシュ

ダミー画像

当社では、タンク洗浄を定期的に行うことをおすすめしています。

タンク洗浄を定期的に行う事が法令(消防法14条)で義務づけられています。しかし現実は、定期的に行われる事は少なく、10年以上の長期に渡り備蓄されたままの状態のケースも多く見られます。(他に活用の少ない重油等)いざという時に確実に対応出来るよう、以下のサービスをご提案致します。

注1)消防法抜粋
第14条3の2(製造所等の定期点検等)政令で定める製造所、貯蔵所又は、取扱所の所有者、管理者又は、占有者はこれらの製造所、貯蔵所又は、取扱所について、総務省令で定めるところにより定期的に点検し、その点検記録を作成し、これを保蔵しなければならない。

なぜ燃料備蓄タンクの洗浄が必要なのか?

01.タンク内に水が溜まる
タンクの油量少ない場合、タンクの設置場所は気候、温度変化によりタンク内部に結露が発生し、水滴ができ、「水」が溜まってきます。(底部)

02.錆が発生する
発生した結露により、錆が発生する

03.ゴミが混入する
エアー抜きから埃や砂が入りこむ
不純物等、(スラッジ(汚泥))が堆積する

タンク洗浄(燃料と不純物を分ける作業)により燃料の劣化を防ぎます。

具体的業務内容

01.備蓄タンク内燃料の分離洗浄

02.非常用発電機の小出し槽の洗浄

03.洗浄後の油の成分分析・報告

洗浄方法

①専用ポンプを用いて、備蓄タンクの油を回収します。

②回収した油にフィルターを通し、不純物(水、スラッジ)と油を分離します。

③油だけを元の備蓄タンクへ戻します。

ダミー画像

Copyright © 日本BCP株式会社 All Rights Reserved.